メタボの基準と対策について

メタボという言葉は近年よく耳にするかもしれません。
これはメタボリックシンドロームと呼ばれる、内臓脂肪症候群というものです。内臓脂肪が増加することで、動脈硬化を引き起こしやすく成るだけでなく、それによる脳卒中や心疾患のリスクを大きく増加させると言われているものです。
このメタボの基準ですが、まず、ウエストが男性であれば85cm以上、女性では90cm以上の方が該当する可能性があります。これに加えて、血液データの値、血圧、血糖値の内、2つ以上を満たしているとメタボということになります。
その目安としては、まず血液データについてですが、血中の中性脂肪数が150以上、または善玉コレステロールの値が40以下の場合の事を言います。また、血圧については、収縮期血圧が130以上、または拡張期血圧が85以上の時となります。そして血糖についてですが、これは空腹時血糖値が110以上の時に基準値となります。
勿論、これにあてはまるということがすぐに病気というわけではありませんが、リスクは非常に高まります。また、メタボ対策を行った結果脳卒中や心疾患のリスクを大きく低下させることが出来るというだけでなく、肥満の方は、その他の様々な危険因子を持っている事が多いので、それらを一気に改善できると言われています。
その対策法としては、不規則な食生活や、運動不足、飲酒、ストレスの軽減などが必要と言われています。これらを守るだけで死や病気を抱えるリスクを大きく軽減できるので、その予防にぜひ取り組むようにしましょう。

メタボ対策のために生活習慣の改善に挑戦

メタボとは、内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうち、いずれか2つ以上をあわせもった状態を言います。
診断基準は4つの項目があり、 内臓脂肪の蓄積が男性85cm以上・女性90cm以上、脂質異常の項目では、中性脂肪150mg/dL以上 ・HDLコレステロール40mg/dL未満のいずれかまたは両方、高血圧は 最高血圧130mmHg以上・ 最低血圧 85mmHg以上のいずれかまたは両方、高血糖は空腹時血糖値110mg/dL以上となっています。
これらの数値は、働いている人なら毎年行われる健康診断で判断出来ます。がんのようにある日突然発覚する病気ではなく、徐々に数値が変化していくので、当然事前に対策を考える余地はあるのです。
メタボを改善させるには、生活習慣を見直す必要があります。まず、内臓脂肪を減らすためにも体を動かす習慣を身につけます。最初からスポーツジムで張り切って運動しなくても、無理なく誰でも始めやすいウォーキングが実は効果的です。過度に心臓に負担をかけず、毎日続ける事で身体機能が活性化し、血糖や脂質がたくさん消費されるようになって、やがて内臓脂肪も減少します。軽い運動でも十分に、血糖値や脂質異常、高血圧は改善されます。
また、食べ過ぎや食事を抜いたりする生活は、内臓脂肪を蓄積させる原因になります。肉や炭水化物ばかり好んで食べる偏食も良くありません。メタボになると、意識して野菜を多めに食べたり、油っこい食事は控えたり、また高血圧改善のためにも塩分を控える必要があります。最初は物足りなさを感じても、いずれその味に慣れていくので続ける事が大事です。

メタボ対策に効くツボとは

メタボとはメタボリックシンドロームの略で、内臓脂肪型肥満に、高血圧、高血糖、脂質異常症の内で2つ以上を合併した状態の事です。これらの症状は単独でもリスクを高める要因となるのですが、複数になる事により動脈性疾患の発生頻度をさらに高めてしまいます。健康を維持するためには、対策を講じる必要があります。

複数の症状が合併した状態という事で、食事制限や運動療法による通常のダイエットだけでは改善されない可能性があります。そこで有効なのが、ツボを刺激する方法です。ツボは気が溜まっている部位の事であり、体中に分布しています。この部分を刺激する事により、体の中に蓄積されていた悪い気を外に出す事が出来ます。

気の流れを改善する事により不調を解消するのは、東洋医学に基づいた内容です。東洋医学は不調を直接改善するのではなく、身体全体を良化させるという事が目的となっています。メタボの様に複数の症状が合併している場合でも有効であり、効果と引き換えに副作用が起きるという心配はありません。

内臓脂肪型肥満に対しては脂肪の燃焼を促進する様な部分に対しての刺激が有効であり、高血圧に対しては血圧を低下させる様な部分に対しての刺激が効果的です。複数の部分に対して刺激を与える事により、徐々に改善していく効果を期待できます。身体全体の調子を整える効果もあるので、他の症状に対しても有効です。危険を伴う内容ではないという事も、この療法の優れている部分です。